労働保険事務組合総合コンピュータシステム(PC方式)

従来、手書き入力票に記入を行っていた情報を、パソコンシステムを使って情報のやり取りを行えるようにと開発したシステムです。
利用者である労働保険事務組合は、算定基礎賃金等の登録を行うだけで、申告者内訳や納入通知書など各種帳票類の作成、保険料等の振替サービスなどを利用することができます。

システム図

※事務組合単独で利用することはできません。

主な機能・特徴

事務組合に導入していただく専用パソコンシステムには以下のような機能が用意されています。

  • 前年度の確定賃金を入力する事で保険料を自動計算
  • 年度更新などで必要な各種帳票類の作成機能
  • システムに入力したデータの出力機能(Excelに出力)
  • インターネットを使ったデータ提出機能
  • 上記機能により、事務組合での作業から労働局への申告・納付まで、一連の流れで作業が行えます。

その他、末尾8の一人親方団体向け専用システムもご用意しています。

導入実績

  • 一般社団法人 全国労働保険事務組合連合会 茨城支部
  • 一般社団法人 全国労働保険事務組合連合会 栃木支部
  • 一般社団法人 全国労働保険事務組合連合会 埼玉支部
  • 一般社団法人 全国労働保険事務組合連合会 千葉支部
  • 一般社団法人 全国労働保険事務組合連合会 東京支部
  • 一般社団法人 全国労働保険事務組合連合会 神奈川支部
  • 一般社団法人 全国労働保険事務組合連合会 福岡支部
  • 一般社団法人 全国労働保険事務組合連合会 鹿児島支部
  • 一般社団法人 全国労働保険事務組合連合会 長崎支部 (2020年度導入)
  • 一般社団法人 全国労働保険事務組合連合会 静岡支部 (2021年度導入予定)

製品詳細・環境

製品名総合コンピュータシステム
運用方式スタンドアローン ネットワーク
環境Windows 10
価格別途、お見積り
その他の詳細はお問合せください

オプション機能

~ e-Gov 電子申請システム外部連携API対応 ~

e-TOKSO電子申請システムとは、e-Govウェブサイトにて行っている、各種の申請書入力・状況確認・公文書取得といった煩雑になりがちな作業を、外部連携APIに対応した本ソフトウェア(e-TOKSO)をご利用いただくことで、簡単な操作で、直接e-Gov側とのデータのやり取りが行えるようになります。

弊社開発の総コンシステム(SCOPS)とデータ連携しているため、e-TOKSO上の入力作業の軽減に繋がるほか、総コンシステム(SCOPS)で印刷できる「雇用保険被保険者関係届出事務等処理簿」に反映されるなど、システム相互間での利便性が向上します。

e-TOKSO 電子申請システムのご案内資料はこちら≫

サービス・製品に関するご質問・その他 045 – 311 – 7581営業時間 8:30 – 17:30 [ 土日・祝日除く ]

メールでのお問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください。